早めに梱包作業に着手

引越しをする時に思いのほか苦労するのが、荷物の梱包です。普段は家の各々の場所に収納されている自分の荷物。実際にどれほどの量になるのか、意外とわからないものです。
 
大きな家具や家電製品などは目安がつきやすいですが、それ以外の細々とした食器や衣類などは、全部でどれほどの量になるのか、なかなか想像がつきません。
  
実際に段ボールに詰めてみて初めて量がわかるのでは、少し遅いかも。時間がなく引越し前日にそのような事態になってしまっては大変です。
 
ですので、私は引越し準備は早めに着手しました。といっても、何週間も前から梱包しろといっているのではありません。
 
事前に準備できることの一つとして、不要品の処分です。普段はなかなか処分できない物も多いでしょうが、引越しを機会に処分することをおすすめします。
 
処分すればそれだけ梱包する物が減るのは間違いありません。自分の荷物は想像以上に多いものです。
 
以前段ボールが足りなくなってしまってから、不要品は思い切って捨てることにしました。
 
この時、迷った物はとりあえず新居に持っていこう、なんて思わないで下さい。結局捨てる事になれば、お金を払って不要品を運ぶことになるのです。
 
不要品を処分したら、あとは梱包するのみです。梱包も、全てを段ボールに詰めるのではなく、小分けにしましょう。
 
布団袋があるなら布団の間に衣服をつめたり、衣装ケースのすき間に食器を詰めたりするのです。
 
まずは不要品を処分して荷物を減らし、必要な荷物は分散して梱包しましょう。
 
そうすれば荷物が梱包された段ボールは少なくなり、結果的に引越し代も安くすむはずです。


サブコンテンツ

引越しのついでに

会社別(50音順)

運営者自己紹介

皆さんこんにちは。転勤男と申します。

当サイト「日本一厳しく引越し業者を評価するサイト」では実際に引越し業者を利用した方の評価を詳細に記載しています。

ぜひ業者選びの際に参考にして下さい。


引越作業 ブログランキングへ

このページの先頭へ