業者の都合の良い日を狙い値引き

最も安く引越すにはどうしたら良いのか?
 
 
いきなり大手の引っ越し社に見積もってもらい決定してしまうと、後々自分の引っ越しスタイルによっては
 
ずっと安く済んだのにと後悔してしまいます。
 
 
引越しを安くあげるにはまず複数業者へ見積りを依頼するのが基本です
 
今はWEB検索すれば一括引っ越し見積りが簡単に出来ます
 
部屋が決まってない状態でも見積りは出せます
 
 
引越料金は、荷物の量・距離・時間で決定しますから
 
大体の見積りはとることが出来ます。
 
 
ただ引越し先の階数に注意は必要で3階以上でエレベーターが無い場合は
 
作業員数が増える可能性もありますし、作業が4時間以上かかると値段が膨れていきます
 
 
ソファーやベッド等、引っ越し先の部屋に運ぶことが可能かどうかは注意が必要です。
 
さらに作業日の設定で値段も変わってきます
 
土日祝日を避け平日に、平日中ならいつでもお任せというように者の都合に合わせれば
 
さらに値引きしてもらえる可能性は高いです
 
 
荷造りのポイントは
 
本などは小さめの段ボールに入れましょう
 
大きいダンボールに本を詰め込むと重過ぎて段ボールが裂けたり危ないです
 
 
壊れ物は新聞紙で包み割れるのを防ぎます
 
エアキャップを購入しなくても、新聞紙で十分なので無駄なコストはカットです
 
 
業者も段ボール数枚は無料で用意してくれる場合もありますが
 
数が大きくなると、有料になる可能性が高いです
 
 
梱包資材はなるべく自分で準備し、自分で荷作りすれば引越し料金も安く済みます!
 
 
私は以前大手業者に見積もってもらった後、別の業者に見積もって頂いたら
 
値段が3倍以上でした。


サブコンテンツ

引越しのついでに

会社別(50音順)

運営者自己紹介

皆さんこんにちは。転勤男と申します。

当サイト「日本一厳しく引越し業者を評価するサイト」では実際に引越し業者を利用した方の評価を詳細に記載しています。

ぜひ業者選びの際に参考にして下さい。


引越作業 ブログランキングへ

このページの先頭へ