他社の見積もりを見せる!

引越しの際に最も効果的な料金の値下げ術としては、いくつかの業者で見積もりを取っておき、B社の営業担当者に
 
 「A社では○○円でしてくれると言ってるんですけど・・」
 
と他社の見積もりを伝えるか見積書を見せることでしょう。
 
引越しは物を売る商売ではなく、荷物を運ぶというサービスを提供するものであり、定価というものがあってないようなものだと思います。
 
もちろん引越しスタッフの人件費や荷物の運搬にかかる料金はありますが、同じ距離、同じ荷物を運ぶにしても時期や時間、交渉次第で全く違った料金になるのが引っ越しの怖いところでも面白いところでもあります。
 
なので引っ越し業者の営業担当は、契約をいくつ取れるかが報酬にも直結しているようで、多少料金が安くなってもたくさんの契約を取りたいと考える人が多いようです。
 
初めの見積もりの段階ではかなり高めの料金を言ってくる引越し業者もありますが、他でも見積もりを取るつもりだ、という話をしている中でよく言われることが
 
「今即決してくれたらここから下げて、この値段にさせてもらいます」
 
といった類のことです。
 
もちろんそれで納得したならその場で契約をしてもいいのですが、やはり他の業者でも見積もりを取ってみることをお勧めします。
 
次に来た業者にまずは見積もりを出してもらい、
 
「先ほど来てもらった別の会社では○○円でしてくれるみたいですけど・・」
 
と言ってみると、それよりも安い金額にしてくれることが多いです。
 
もちろん、安ければいいというわけでもなく、安い代わりにスタッフがすごく少なかったり、時間が夕方からになったりとする場合もあるので、スタッフの数、何トントラックを出してくれるのか、時間は午前か午後か、とくに午後なら遅くとも何時からか、段ボールなどの梱包資材は提供してくれるのかなど十分確認してから信頼できる業者に依頼するようにしましょう。


サブコンテンツ

引越しのついでに

会社別(50音順)

運営者自己紹介

皆さんこんにちは。転勤男と申します。

当サイト「日本一厳しく引越し業者を評価するサイト」では実際に引越し業者を利用した方の評価を詳細に記載しています。

ぜひ業者選びの際に参考にして下さい。


引越作業 ブログランキングへ

このページの先頭へ